アルコール依存症からの回復

アルコール依存症からの回復のステップ

ビッグブックのステップ6・7

ステップ6
こうした性格上の欠点全部を
神に取り除いてもらう
準備がすべて整った


ステップ7
私たちの短所を
取り除いてくださいと
謙虚に神に求めた


ステップ4・5で
自分の欠点がすべてわかっても
手放したい気持ちになれない場合がある。
不思議に思うかもしれないが
私たちは勇気を出して自分を変えるよりも
不幸と苦痛の中にいるほうを選ぶ事がある。


厳しい態度で自分の罪に直面し
新しく見つけた友である神に
取り除いてもらう気持ちになった。
以来
ぼくは一滴も飲んでいない。


アルコホーリクは
自分のなかの何かを変えようと
努力していた。
飲酒をコントロールしようと
躍起になっていたがだめだった。
酒をやめようと努力していたが
やはりだめだった。
そしてAAにたどり着いたのだった。


AAでアルコホーリクは
問題は飲む事ではなく
生き方にある事に気づく。
自分の中に
恨み
怖れ
罪悪感
後悔という
感情の問題がある事を知り
それを受け容れる。


私たちは
自分で感情を害してしまうほどの
問題だと思う全ての事柄を
神に取り除いてもらう準備が
できているだろうか。


その一つ一つを
全部とり除いてもらって
本当にいいのか?
もし
しがみついていて
手放せないものが残っていたら
手放す意欲が生まれることを
神に願う。


ステップ6で
自分の性格上の欠点を
感情を害してしまうほどの
ものであるとして
それを手放す意欲が生まれるよう願う。


私たちがなすべき事は
短所に支配されていた時とは
違う生き方をする事である。
それは
無私無欲
正直
勇気
思いやりなどの原理に従って
生きる努力をするという事である。


この意欲がもてたら
ステップ7への準備が整った事になる。


自分の意志に基づく生き方
本能に従って生きる    
不正直になる
利己的になる
自分勝手になる
怖れをもつ
配慮を欠く


神の意志に基づく生き方
良心に従って生きる
正直になる
利他的になる
謙虚になる
勇気をもつ
思いやり、親切心が豊かになる


自分の意志は
不正直であり
身勝手であり
恨みがましいものである。


神の意志は
正直であり
与えるものであり
ゆるしである。


そして
神の意志は
既に私たちの中に良心として
備わっているのである。


完全な謙虚とは
自分というものから
全面的に解放された状態
性格上の欠点のために
自分にいま
重くのしかかっている欲望から
全面的に解放された状態によって
成り立つものだろう。
完全な謙虚とは
どのような時にも
どのようなところでも
神の意志を知り
それを実行していく
意欲に満ちあふれていることであろう。


変化は一朝一夕には起きない。
一生涯
何年もかけて祈り
実行する事が必要だ。


私たちは往々にして
ハイヤー・パワーに
一挙にすべての短所を取り払って
潔白にしてほしいと願う事がある。
しかし
そうはいかない。
ステップ7は
ゆっくりと時間をかけて実現していく。


ステップ7は
一度やればいいというものではない。
毎日
習慣として継続しなければならない。


新しい考え方
新しい行動と生き方が身についてくる。


神さま
私はいま
私のすべてを
良いところも
悪いところも
あなたにおまかせする
気持ちになっています。


あなたと
そして仲間たちの
役に立ちたいと願う私にとって
行く手のじゃまになる
性格上の欠点を
どうか取り除いてください。


私がどこにいるときも
あなたの意志のままに行っていく
強さを私に与えてください。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。