アルコール依存症からの回復

アルコール依存症からの回復のステップ

歩いていれば 夢や希望やステップは 後からついてくる

AAにつながり
どうしてAAでお酒が止まるのだろうか?
疑問に思いました。


先行く仲間は
難しい事を考えずにミーティング会場に
足を運んでいれば、お酒は止まると。
先行く仲間のアドバイスの通り
1日に 2~3回
ミーティング会場に足を運びました。


ある先行く仲間からのアドバイスは
私のAAでの座右の銘です。


歩け歩け
歩いていれば
夢や希望やステップは
後からついてくる


アルコール依存症者の正英は
一杯のお酒を飲むと
体質的に
2ヶ月以上
お酒を飲み続けます。
お酒を飲み、寝て、起きて、お酒を飲み
お酒を買いに行き
食事をせず、歯も磨かず、風呂も入らず
血を吐きながら


正英は一杯の酒で「死ぬ」体質なのです(^_^;)


毎日ミーティング会場に
足を運ぶ事は正英にとって
正英がアルコール依存症者である事を
アルコールに対して無力である事を
一杯の酒に命をもっていかれる事を
忘れないために必要なのだと
今ではそう思っています。


そして
日本のAAの誕生の歴史に興味を持ち始めました。
1975年3月16日(日曜日)
東京の蒲田教会で
日本語のステップミーティングの開催をもって
AA日本の誕生であると。


ガリ版のビックブックを使用し
ミーティングを開催していた事。



日本語翻訳版「アリコホーリクス・アノニマス」の出版
経験を分かち合う定期刊行誌「7956」の発行
「12ステップと12の伝統」刊行
日本語に翻訳された書籍がたくさんある事も
知る事ができました。


ビルはこう思う
ドクターボブと素敵な仲間たち
どうやって飲まないでいるか
信じるようになった
アルコホーリクス・アノニマス 回復の物語 英語版翻訳
アルコホーリクス・アノニマス 成年に達する などなど


正英は書籍こそが
AAの最大の遺産であると信じて疑いません。


その思いから
アルコホーリクス・アノニマス
関東甲信越地域
千葉県松戸市にて
仲間と共に
書籍特別ミーティングを開ける事にしました。


いずれもオープン・ミーティングです。
アルコール依存症者ご本人をはじめ
ご家族の方
医療関係者の方も歓迎しています。


書籍特別ミーティングは
自分の回復のために開け続けたい。


正英はそう思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。