アルコール依存症からの回復

アルコール依存症からの回復のステップ

12&12~ステップ5~

神に対し
自分自身に対し
そしてもう一人の人に対して
自分の過ちの本質をありのままに認めた



AAにおいて
初めての降伏、ステップ1は
自我を収縮する事でソブラエティをもたらします。
しかし不幸にも
自我は復活してきます。
これを防ぐには
自己制御の効いた生き方を身につけなければなりません。
この事は
自我が息を吹き返そうとする傾向を
常にチェックする事を意味します。


12のステップは
自我に逆らうことを私たちに求めている。
どのステップも
私たちの自我をくじくのだ。


私たちの経験によれば
私たちは
差し迫った問題や
それを引き起こし助長している性格上の欠点を
そのままにしていおいて
飲まないで生きていくことはできない。


私たちは
ステップ4というサーチライトで
自分の過去を照らし
もう忘れ去っていたような経験まで明るみにした。
自分の間違った考えや行動が
どんなに自分と他者を傷つけていたかも
知るようになった。


私たちに必要なのは
自分を責めさいなむ過去の亡霊と
生きるのをやめることである。
そのためには
自らの過去を誰かに話さなければならない。


ステップ5から私たちに与えられる恵みは何だろうか?
ひとつは
私たちがもっていた
あの恐ろしい孤独感からの解放である。


アルコホーリクは殆ど例外なく孤独に苦しんでいる。
酒が酷くなって
人々が私たちを避けるようになる以前から
すでに私たちの殆どが
どこにも居場所がないという感覚に悩んでいた。


私たちは引っ込み思案で
人に近づこうとしなかった。
あるいは
人から注目され
親しく交わることを求めて
陽気な良い仲間になろうとしたが
誰とも親しくなれなかった。


AAに辿り着いた時
生まれて初めて
理解してくれる人々の中にいるように感じた。
仲間がいるという感覚に大きな感動を覚えた。
これで孤独の問題は解決したと思った。
けれども
疎外されている不安という昔からの心の傷が
いまも居座って癒されなかった。


自分の心の葛藤を正直に話し
誰かが同じことを話すのに耳を傾けるまでは
まだ
自分は本当の仲間にはなっていなかった。


自分の欠点をもう一人の人に打ち明けることで
期待できるもう一つの恵みは謙虚である。
AAで回復している仲間にとって
謙虚とは
本当の自分の姿を知ることにほかならない。
謙虚さがなければ
人格的な成長を目指すことはできない。


自分についてより一層の真実を知り
それによってさらに謙虚になること。
これがステップ5から与えられる
大きな恵みである。


私たちはステップ4で
自分の欠点の一覧表を作成した。
だが
それが正直なものであるかどうかを
いったいどうやって確かめるのだろうか?


不安、自己憐憫、傷ついた感情に
いまだに悩まされている私たちが
自分を公平に評価するのは
おそらく難しいのではないだろうか?


だから
自分一人で自分の罪を点検して
欠点を認めるだけでは不十分なことは
きわめて明白だ。


自分についてより一層の真実を知り
認めようとするなら
どうしても神ともう一人の人の助けを
借りなければならない。


自分のことを隠さずに話し
棚卸し表の助言を求め
自分自身への評価を
受け容れる気持ちになって初めて私たちは
自分自身の生き方の真実を知り
裏表のない正直さ、謙虚への第一歩を
踏みだすことができるのだ。


だから実際に一人の人間の前に座り
長い間の隠し事を声に出して話すまでは
大掃除の意欲もまだまだ絵に描いた餅にすぎない。
他者に対して正直になって初めて
自分に対しても神に対しても
正直であることが証明される。


自分一人でたどる棚卸しは
言い訳や希望的観測で歪められてしまう恐れがある。
誰かと話せば
自分の棚卸しについてその人の意見を聞けるし
相談もできる。


悪気はないものの
神の導きだと主張しながら
明らかに大きな誤りを犯している人々を
私たちは何度も見てきた。


神から導きを受けたと感じたら
それを他者と一緒によく考えてみるべきだ。


次に
打ち明ける相手を探さなければならない。
ただ酒をやめているだけでなく
本当の困難
おそらく自分と同じような困難を乗り越えた
経験豊かな人と分かち合いたい。
深い信頼のおける人で
気質や抱えている問題が
あなたと似ている方がよい。


まだ全てを話す気持ちになれないかもしれない。
そんな状態でも
とにかく分かち合ってみることだ。
ここでなによりも必要なのは
進んで打ち明けようという意欲と
話す相手への全面的な信頼だ。


正直に心を開いて罪の重荷を分かち合えば
孤独感から解放されるだろう。
長年のいまわしい感情が
せきを切ったように放出される。
苦しみは静まり
癒された穏やかさに変わる。


ここで私たちは
自然に残りのステップへと導かれる。
充実した有意義な飲まない生き方に向かう
ステップである。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。