アルコール依存症からの回復

アルコール依存症からの回復のステップ

ビッグブック~ラスカー賞~

1951年
アルコホーリクス・アノニマスは
ラスカー賞を受賞した。


サンフランシスコのオペラハウスで
ラスカー賞が
アルコホーリクス・アノニマスに対して
贈られたのである。
授賞式に続いて
その晩行われたAAミーティングの会場は
超満員の仲間で埋められた。
飲んでいないアルコホーリクで会場が一杯になり
手すりにまでぶら下がるほどだった。


ラスカー賞は
医学で大きな貢献をした人に与えられる米国医学界最高の賞。
正式名称は「アルバート・ラスカー医学研究賞」。
「米国のノーベル生理学・医学賞」とも呼ばれている。
ラスカー賞は、ラスカー財団によって運営されている。
アルバート・ラスカーと
彼の妻メアリー・ウッダード・ラスカーによって
1946年に始まった。


山中伸弥 iPS細胞研究センター長にラスカー賞が
2009年9月14日授与された。
山中教授の受賞賞金は12万5,000ドル。
山中教授は
2012年ノーベル生理学医学賞を受賞した。


アメリカ公衆衛生協会は
1951年度ラスカー賞を
積年の公衆衛生
社会問題であるアルコホリズムに対する
その独特な
極めて効果的な取り組みを評価して
アルコホーリクス・アノニマスに贈る。


創立以来16年間
アルコホーリクス・アノニマスは
それまで絶望視されてきた
12万人以上のアルコホーリクに回復をもたらした。


AAは
アルコホリズムが病気である事を強調し
アルコホーリクの社会的汚名を払拭した。


回復したアルコホーリクは
他のアルコホーリクに手を差し伸べ
回復させる事が他の誰よりもできるという
霊的な原理に基づき
アルコホーリクス・アノニマスは効果を示している。
そして
そうする事によって
回復したアルコホーリクも
自ら飲まずに生きていく事ができる。
回復の連鎖が世界中に広がっていくのである。


メンバーは全員が無名にとどまっている。
会費もなく、有給のメッセンジャーもいない。


いつの日か歴史は
アルコホリズムとその偏見に対して
大きな成功をおさめただけでなく
はるかにそれ以上の偉業を成し遂げた共同体として
アルコホーリクス・アノニマスを認める事だろう。


共通の苦しみを味わった者同士の仲間意識に基づいた
新しい回復法は
人類の数限りない他の病気にも
広範な可能性を提供するものである。



The American Public Health Association presented
the Lasker Award to Alcoholics Anonymous
“in recognition of its unique and highly successful approach”
to an “age-old public health and social problem, alcoholism.”


Started in 1946,
these annual awards have been presented
to individuals and groups which have made major contributions
to public health efforts.
This highly prestigious award is often compared
to the Nobel Prize,
and many of its laureates have received both honors.


The presentation was made in San Francisco
at the Opera House on October 30, 1951.
Mr. Bernard Smith (nonalcoholic),
former chairman of the Board of the Alcoholic Foundation
(now the General Service Board),
accepted the award on behalf of Alcoholics Anonymous.



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。